塚腰運送|採用情報
技術や心得を
次世代へ繋げる
2014年入社
搬出入機動部隊滋賀

棒芯1年生!

現在は全国各地の工場内での機械搬入作業が主な仕事です。滋賀営業所の機動部隊は、先ず入社1~2年間はお客様工場内で機械の組立作業に就き、搬入現場に出るための基礎を習得します。今では棒芯(指揮を取る人)として現場の下見から作業の段取り・工程決め、当日の作業員の指揮を任されるようになりました。棒芯が決める段取り次第で作業時間が大きく変わってしまうため、スムーズな工程を考えられる能力が必要です。下見に行っておきながら『できない』なんてことになれば大恥です。そうした責任重大な任務であり、誰もから信頼がないと掴めないポジションですから『(菅が)行って来い』と初めて言われた時や、自分より社歴も年齢も上の人に僕の考えを受け入れてもらえるようになった時は、少しは認めてもらえたのだとガッツポーズしたい気持ちでしたね。まだ簡単な現場の経験しかありませんが、一から自分の責任で始めた案件が予定通りに進んだ時は、本当に嬉しいです。

誰からも慕われる上司のような人を目指して

中には棒芯を指名して依頼される仕事もあります。今僕が目標としている上司もその一人で、お客様からの信頼度の高さはもちろん、社員からの信頼も厚い。どんな仕事も段取り良くこなし、社員への気遣いや部下の面倒見も良い。部下にやらせてばかりではなく、自らも率先して動く。そういう人だから周りが尊敬し、ついていくのだと思います。早く自分がマルチに仕事をできるようになって『菅に任せておけば大丈夫』と言ってもらえるようになりたいです。そのためにも場数をこなしてあらゆる現場に対応できるようになることや、作業員一人ひとりのタイプを見極めてうまく人を動かせるようにならないといけないと思っています。まだ達成度は50%くらいですね。正直に言って楽ではない仕事ですが、『現場に出てもっと勉強しないと』という気持ちが、今の原動力になっています。

技術では右に出る会社はない!

Tsukagoshiは、お客様から無理だと思うような難しい依頼があっても必ず応える会社だと思います。以前に1mの間口に対して1m10㎝の機械を搬入するという、物理的に不可能な依頼がありました。メーカー様は機械を解体して入れようとされていましたが、そうすると作業日数が増えてコストも上がってしまいます。そこで僕たちは解体せずに機械をそのまま搬入する方法を創り出し、作業日数もコストも抑えることができました。こうした他社では断りそうな仕事であっても親身になって一緒にやり遂げる、他にない技術を持っています。Tsukagoshiは自分がもしお客様の立場でもとても信用できる会社ですね!『値は張るけど任せといたら全部やってくれる』という安心感があります。運ぶだけではなく、物流を丸々任せられるっていうのも安心できる要素だと思います。・・・って、仕事の話ばかりですね。他の人はここで社風や会社の雰囲気を話すのでしょうけど。僕は仕事人間なので。(笑)

仕事の極意は“常に自分で考える姿勢”

どんな仕事にも言えますが、指示を待っていたり自分で考えて動かない人はいつまでたっても成長できないと思います。基本的に僕たちの仕事は見て覚えられるものですが、それではどんな仕事にも対応できる力が鍛えられません。後輩にも『常に考えろ、次に何をすればいいか先のことを考えろ』と口うるさく言ってきました。どれだけ成長できるかは『姿勢』ですよね。僕たちの仕事では、指示待ちや自分がやろうという意欲が無い人にはあたりが厳しいですよ。自ら考えて動く人は可愛がってもらえます。僕のように所内で2番目に若いのに相当生意気を言っててもね。(笑)

  • すべて
  • 営業
  • 事務 / 企画
  • 技術
  • 管理