塚腰運送|採用情報
行動することが可能性を生む
2016年入社
ロジスティクス営業京都

志望動機は『一目惚れ』!

Tsukagoshiを選んだ理由は率直に『一目惚れ』です。数社の説明会に参加した中で一番社員と話しやすく、質問をしやすい雰囲気だったのを覚えています。「説明会用に作られた雰囲気かもしれない・・・」と少し半信半疑な思いもありましたが、その後の単独説明会や面接など、選考を通して出会っていく社員も皆温かく親しみやすい人ばかりで、就活中はずっとTsukagoshiに内定することを強く願っていました。入社して実際に多くの社員と触れてみて、想像以上に温かい人が多く、間違いなかったと確信しています。

お客様と話す時間が好きだったことが、営業を目指すきっかけに

元々人見知りな性格でしたが、学生時代に飲食店や販売店など数々のアルバイトを経験し、克服。人と接する仕事に就きたいと考え、営業の道を志しました。お客様と他愛ない話をしている時が仕事の中での楽しみで、お客様が自分の話で笑ってくれることに嬉しさを感じていました。営業においても、お客様や現場社員との心の距離はとても大切です。まだまだお客様とのコミュニケーションに四苦八苦しているので、新聞などから常に情報を取り入れ会話の引き出し作りに努めています。また、現場社員とも得意不得意関係なく、色々な人とコミュニケーションを取ることを心掛けています。

営業と事務を経験してわかったこと

入社後は請求書作りや入出庫の処理、通関関係の事務仕事から始まり、半年ほど経ったころから本格的に営業を始めました。営業と事務は一見関係ないように見えますが、事務で得た知識のおかげで営業の仕事がスムーズに進むこともあるんです。例えば今担当している案件の中で見積書を作成する際に、事務での経験から、必要な情報や仕組みをすぐに理解できたということがありました。このように意外なところで活きてくるので、事務もやって良かったと思っていますし、これからも様々なことに挑戦したいです。

先輩の言葉で息を吹き返した、初めての担当案件

初めて担当した案件は、倉庫保管でした。初めてのテレアポ成功、初めて担当するお客様ということもあって気合一杯で臨んでいましたが、条件を満たす倉庫がなく対応が不可能な状況に。お客様の要望に応えられない悔しさを抱え、先輩に報告したところ・・・『なかったら、探すんや』と自分の仕事をそっちのけで私の案件に加担してくれました。無事にその案件は順調に進行。お客様の要望は何としてでも実現する、お客様の急な依頼でも対応する。そんな先輩のような熱心な営業マンを目指しています。

次のステップは『一人で説明する』こと

これまでは先輩のフォローがあったおかげで、大きな失敗もなく進めてこれたのだと思っています。本当の営業の面白さや厳しさを知るのは独り立ちしてからです。少しずつ自分で説明するようにはしているものの、まだまだ言葉が出てこなかったり、知識不足な点を多々感じています。早く一人前になれるよう、今は家で説明の練習をしたり、会社のことを知るために勉強に励んでいるところです。

営業のイメージを覆した一年

入社前は、営業といえば『お客様に警戒され、すぐに断られる』『相当強いメンタルが必要』といった正直、ネガティブなイメージが少なからずありました。しかし実際はこちらの話を真剣に受け入れてくださったり、逆にお客様が、新人の私のために無理に仕事を探してくださることもあって、不安が大きかった分感動することがたくさんあります。『営業は必ずしも結果がついてくるわけではないけど、やることをきちんとやっていれば結果は出る。何事もやってみるまでは分からない。ホームラン打つのも、バットを振らなきゃホームランにならない。』という先輩の教えを実感する日々です。先輩の教訓を胸に、二年目も何事も恐れず挑戦していきたいと思います。

  • すべて
  • 営業
  • 事務 / 企画
  • 技術
  • 管理